広告やインターネットにだまされるな!しっかし自分の心を見るのだ!

「私はなにかを買うとき、やっぱりCMとかのメディア、そして広告重視で買いますね。というかほとんどの人がそのタイプだと思うのですが・・。印象がよくないと買わなくないですか?私は印象がよくないと絶対にその商品を買いません。機能とか値段とか関係なくてその印象がすべてだと思います。ところ昨日みたCMあれほんとによかったですよ~!あの角度からといい、とても良いカメラマンです!よし・・明日ちょっと買いにいってきますわ!ちょっと高いけどまぁいいか。」

皆さんは買うか買わないかを。何で判断しますか?値段ですか?確かに値段というものは、その商品の価値だと言えるでしょう。値段高ければ高価なものと皆さんからの注目を浴びることができますよね。

「いえいえ、私は品質で選びます。」品質で選ぶ人も多いですよね。値段が安くでも品質が良い商品はたくさんあります。耐久性、デザイン、アフターサポート、この3つがあるというのはとても良いかもしれません。しかし今回出ましたのは、広告そしてメディアです。

広告というのはなぜあるのでしょうか?皆さんのご存知の通り、消費者に買いたいという意欲を出させるためです。そのワナに陥る人は少なくありません。なぜならばそれほど広告というものは力があるのです。ある人はこのように言います。「その商品が本当に良いかどうか、そのホームページに行って調べているから大丈夫ですよ!」ホームページに行って調べる人も賢いやり方ですが、きっと、買いたいという意欲が増えたのではないでしょうか?それは一体なぜでしょうか?そうです。ホームページは良いことしか述べていないのです。

そして広告。これは購入の意欲を高めてしまうので、あまり適した方法ではありません。いざ買ってみて、やっぱり買わなければよかったと、お金の無駄遣いになってはいけません。

お金というのは限られていますからぜひ、広告に左右されるあなた自身が必要かどうかを見極めましょう。

サブページ